お知らせ
 | RSS |
カテゴリー:ちばMDエコネット  2009/08/14
ノーマライゼーション学校支援事業
(千葉県とNPOとの協働事業)

第2回・第3回研修
日時:2009年8月22日(土)
   第2回[13:00〜15:00]
   第3回[15:15〜17:15]
場所:千葉大学 総合校舎A号館 A201教室
   JR西千葉駅より西千葉キャンパス南門まで徒歩約2分
   京成みどり台駅より西千葉キャンパス正門まで徒歩約7分

■第2回
「自閉症スペクトラムの理解と支援」
講師:高畑和子さん(言語聴覚士)

「スペクトラム」という言葉が指すように「自閉症」と言っても一口にくくれない多様性があります。当事者一人一人の困難さに寄り添った支援を続けている講師の実践を聞き、障害の特徴にあわせた具体的な支援方法を学びます。

■第3回
「障害のある子の心豊かな成長を育むために〜県総合教育センターの活動より」
講師:松本巌さん(千葉県総合教育センター特別支援教育部 研究指導主事)

千葉県総合教育センターは、発達のこと、学校生活や家庭生活のこと、何か困ったことがあるときに最初の相談窓口になってくれる機関です。相談方法も、来所の他に電話やメール、出張などがあります。講師から日々の活動について豊富な経験からお話いただき、課題解決の参考としましょう。

定員:各50名
参加費:各1000円(資料代)
     ※第2回、第3回研修の両方ご参加の場合は2,000円です。
内容:講師の方の講義と質疑応答
主催:NPO法人ちばMDエコネット・千葉県

申し込み【締め切り:8月20日(木)】
参加ご希望の方は、第2回研修、第3回研修の両方あるいは一つを選び、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを明記し、下記申し込み先へメール(件名に「学校支援事業研修申し込み」と明記して下さい)、ファックス、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。
●コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

カテゴリー:ちばMDエコネット  2009/07/06
7月7日に、〈ひなたぼっこ〉で貸切のイベントを行います。
主催は「和音」さん。子育て中のママたちです。

以下、和音さんからのイベント案内です。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

七夕とは、7月7日の夜、天の川に隔てられた彦星と織姫が
年に一度だけ会うという伝説にちなむ年中行事です。


そんなロマンチックな七夕にちなんで(?)
心に残る素敵な七夕の日を過ごしてもらいたい

自分自身やパートナー(家族)を見つめなおし
よりよい関係を築きあげるきっかけ作りができたら…
おいしいものを食べたり、自分へのごほうびで小さな幸せを感じてもらえたら…

そんな願いを込めて七夕カフェを企画してみました〜


七月七日 1DAYカフェを開催いたします



場所はコミュニティーカフェひなたぼっこ
OPEN 11時〜 (ラストオーダー15時)
ランチタイム  11:00〜
13:00〜
カフェタイム 14:00〜 
当日の連絡先 047-426-8825 コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉

出来る限り農薬を使わずに育てた野菜をたっぷり使い、
添加物や化学調味料は最小限に抑え
家族が安心して食べられる心のこもった食事をモットーにしております
見て楽しい!食べて美味しい!身体にやさしいランチ&スイーツを目指しています

より詳しい情報は和音さんのブログ「和みの音」をご覧下さい。

http://waon3.exblog.jp/11291301/

カテゴリー:ちばMDエコネット  2009/06/12
※下記研修は、定員を超えるお申し込みがあり、6月26日に締切ました。

ノーマライゼーション学校支援事業
(千葉県とNPOとの協働事業)

 第1回研修のご案内

「発達障害の理解と支援」〜CAS(きゃす)の活動から〜

自閉症、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの子どもたちは、学校生活や地域で、学習や生活面でどのような“困り感”を感じているのでしょうか。
困っていても相談できる場が少ない中で、千葉県にはCAS(千葉県発達障害者支援センター)があります。障害のある本人、家族、関係者から多くの相談を受けている講師のお話を聞き、理解を深めましょう。

講師:田熊 立さん
  (千葉県発達障害者支援センター 副センター長)
日時:2009年7月4日(土) 午前10時〜12時
場所:船橋市中央公民館第3集会室
定員:30名
参加費:1000円(資料代)
内容:田熊立さんの講義と質疑応答

主催:NPO法人ちばMDエコネット・千葉県

■申し込み【締め切り:6月29日(月)】
参加ご希望の方は、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを下記申し込み先まで電話、ファックス、メールのいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。

●コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉
電話・ファックス:047-426-8825
Eメール:sun@mdeconet.jp

カテゴリー:ちばMDエコネット  2009/05/13
今年の6月に船橋市高根台に「高根台つどいの家」がオープンします。
ここは、高齢者専用賃貸住宅、小規模多機能型居宅介護、グループホーム、昼は地域に開かれた食堂、居宅介護支援事業所、訪問介護事業所が集まった場所です。
株式会社生活科学運営、社会福祉法人生活クラブ、労協船橋事業団の3つの主体が運営します。

そこで「ユニバーサル就労」に取り組んで行くということで、ちばMDエコネットでは開設前のワークショップに参加してきました。障害のある人も含め、多様な方々の就労の機会を作り出そう、という取り組みです。
今回、開設パーティーで〈ひなたぼっこ〉の出張カフェとおひさまバンドの演奏をする機会をいただきました。
一般の方も内覧できる機会です。ぜひ高根台に足を運んでみて下さい。

日時:2009年5月23日(土) 13:00〜16:30
場所:高根台つどいの家
    ※新京成線「高根公団」駅より徒歩10分程度
内容:太鼓の演奏、もちつき、建物内での関係団体の物販などなど!
    ※〈ひなたぼっこ〉出張カフェは介護型の高齢者専用賃貸住宅の食堂で
    やっています。
    おひさまバンドの出演は、同じ食堂で16時〜16時30分です。

カテゴリー:ちばMDエコネット  2009/03/10
毎月1回開催している、ちばMDエコネットの「おしゃべり会」では、お子さんの少し気になるところ、学校でのこと、お友達とのこと、先生とのこと…。
障害のある子を地域で育ててきた、ちばMDエコネットのメンバーも加わって、おしゃべりをしています。

コーヒーや紅茶などをご注文いただいて、ゆったり飲みながら、気分転換。
一人で悩みを抱えずに、みんなと話してみませんか?

日時:2009年3月13日(金) 10:00〜12:00
    2009年4月17日(金) 10:00〜12:00
    2009年5月21日(木) 10:00〜12:00

場所:コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉

※参加希望の方は、事前にご連絡下さい。 連絡先:047-426-8825(担当:山田)

カテゴリー:ちばMDエコネット  2009/01/02
障害者の就労と雇用について、現状と課題、そしてこれからに向けての取組みの可能性についてお話をうかがいます。

講師:堀江清さん(元ソニー希望株式会社取締役)
   ※ソニー希望株式会社は特例子会社です。

ちばMDエコネットでは、このセミナーを開催する以外に、昨年からパルシステム千葉NPO助成基金とちば元気ファンドの助成を受け、障害者の“しごと支援”事業の取り組みを徐々に進めています。
また、今回のセミナーは、千葉県「民が民を支える地域資源の循環システム」モデル事業の「スマイリック千葉(スマイリック)」の取組みでもあります。私たちは、株式会社いしともさん(株式会社いしとも)からのご支援を受け、皆さまのクリックの応援がプロジェクト実施金額に達し、このたびセミナーを開催することとなりました!

カテゴリー:ちばMDエコネット  2008/12/31
ノーマライゼーション学校支援事業
(千葉県とNPOとの協働事業)

第4回研修
「障害のある子を支援する高等学校の取り組み」

千葉県では、十年以上前から障害のある生徒を受け入れてきた高校現場の実践があります。障害のある生徒を担任してきた講師のお話を聞き、高校でも特別支援教育が本格実施になるという今、どのような取り組みが必要なのかを一緒に考えましょう。

講師:吉永馨さん(千葉県立東葛飾高等学校定時制教諭)
日時:2009年2月7日(土)10:00〜12:00
場所:船橋市女性センター研修室           
定員:30名
参加費:1000円(資料代)
内容:吉永馨さんの講義と質疑応答

主催:NPO法人ちばMDエコネット・千葉県
助成:積水ハウス株式会社           

申し込み【締め切り:2009年2月2日(月)】
参加ご希望の方は、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを明記し、下記申し込み先へFAX、メール(件名に「学校支援事業第4回研修申し込み」と明記して下さい)、電話のいずれかでご連絡ください。
定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。
●コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

カテゴリー:ちばMDエコネット  2008/11/02
11月1日(土)の「障害のある子の学校生活支援を考えるフォーラム」にはたくさんの方にご参加いただき、無事終了いたしました。
当日の様子はブログをご覧下さい。
おひさま日記

カテゴリー:ちばMDエコネット  2008/10/15
「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」に係る施策提案型事業

テーマ:発達につまずきのある子、障害のある子の学校生活を支援するにはどうしたらよいか〜通常学級を中心に〜


このフォーラムでは、LD発達相談センターかながわ所長の安住ゆう子さんに、上記のテーマで豊富な実践の中から学校生活支援の具体的な事例をもとに御講演いただきます。
また、障害者差別をなくす県条例の基本的な考え方や、ちばMDエコネットが県と協働で実施しているノーマライゼーション学校支援事業の取組み(裏面参照)について、ご紹介します。


日時:2008年11月1日(土) 午後1時半〜4時半
場所:千葉工業大学 6号館 612教室 JR津田沼駅南口徒歩3分
講師:安住ゆう子さん(NPOフトゥーロ LD発達相談センターかながわ所長)
内容:
仝条例の基本的な考え方
 ノーマライゼーション学校支援事業の取組みの報告
安住ゆう子さんの講演

定員:100名
参加費:無料
★保育は定員10名(先着順)、費用は500円
(お菓子代込み)です。
★手話通訳が必要な方は事前にご連絡下さい。
※保育・手話通訳の申込締切:10月24日(金)

主催 NPO法人ちばMDエコネット・千葉県

<申し込み(締め切り:10月27日)>
参加ご希望の方は、氏名、住所、電話番号、保育の有無、手話通訳の有無を下記申し込み先まで電話、ファックス、Eメールのいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。
●コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉
電話・ファックス:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

カテゴリー:ちばMDエコネット  2008/09/02
ノーマライゼーション学校支援事業 第3回研修

(※この事業は、千葉県とNPOとの協働事業です)


■日時:2008年9月27日(土)
     A[13:00〜14:40]/B[14:50〜16:30]  
■場所:船橋市女性センター 研修室

■研修A           
  「校内支援体制づくりの実践に学ぶ−小学校の現場から」
  講師:上野基江さん(船橋市立薬円台小学校教諭)

  発達障害のある子を支援するには、担当教諭だけでなく学校全体での協力が必要です。小学校特別支援学級での豊富な実践経験のある講師をお迎えし、校内支援体制づくりのよい事例について学びます。

■研修B
  「校内支援体制づくりの実践に学ぶ−中学校の現場から」
  講師:齋藤浩司さん(船橋市立船橋中学校LD・ADHD通級指導教室担当教諭)
               ※船橋市では、「LD・ADHD通級指導教室」のことを
                 「発達障害通級指導教室」と呼んでいます。

 千葉県内で初めて開設された中学校LD・ADHD通級指導教室(H19年度〜)。講師はその担当教諭として、生徒指導部とも協力して校内支援体制づくりに取り組んでいます。具体的な実践例をお聞きし、校内また校外との連携の必要性について学びます。

■定員  研修A、B 各30名
■参加費  研修A、B 各1000円(資料代)
        ※A、B両方のご参加の場合は2,000円です。
■内容  講師の方の講義と質疑応答
■主催  NPO法人ちばMDエコネット・千葉県
■助成  積水ハウス株式会社 

■申し込み【締め切り:9月23日(火)】
参加ご希望の方は、研修A、研修Bの両方あるいは一つを選び、氏名、住所、電話番号、メールアドレスを明記し、メール(件名に「学校支援事業第3回研修申し込み」と明記して下さい)、FAX、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。

<申し込み先>
コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

« 1 ... 20 21 22 (23) 24 »