コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉

カフェ・コンセプト:一杯のコーヒーからご支援を


カフェで一杯のコーヒーを飲む。
そのことが私たちへのご支援です。

 
コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉は、NPO法人ちばMDエコネットが運営する障害のある人もない人も共に働くカフェです。
 「障害のある人もない人も地域で共に暮らし、いろんな人と関わりながら働けたらいいな。」という想いが私たちの出発点。 美味しいコーヒーを飲んでいただき、様々な人にゆったりくつろいでいただく場所にしたいと考えました。
 そして、たくさんの企業・行政・市民の方々のご協力によって2002年9月にオープンし、やっと地域に根付いてきました。カフェは、障害のある若者が社会に出て働く準備をする場所にもなっています。 私たちは、コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉をこれからもつづけ、障害のある若者たちがここで働き、また別の場所に巣立っていけるようにしたいと思っています。また、地域の交流の場、市民活動の拠点として活用して行きたいと思っています。

 それには、一人でも多くのみなさまにカフェを利用していただくことが何よりの力になります。 一杯のコーヒー、紅茶を飲んでいただき、障害のあるスタッフと挨拶をかわすひととき。それが私たちへの大きなご支援になります。また、カフェにいらしてください。お待ちしています!