お知らせ
 | RSS |
2020年2月2日(日)学校支援事業 第3回・4回研修
カテゴリー:ノーマライゼーション学校支援事業  2020/01/26




千葉県とNPOとの協働事業
2019年度 ノーマライゼーション学校支援事業

今年度のテーマは「発達障害の特性をふまえた支援のあり方を考える」です。

第3回・第4回研修

日時:2020年2月2日(日)
第3回[10:00〜12:00]
第4回[13:15〜15:15]

場所:千葉県教育会館 303会議室

■第3回 10:00〜12:00
「障害特性と具体的な支援――小学校通級指導教室の実践より」
講師:大山恭子さん
【船橋市立船橋小学校 教諭 発達障害通級指導教室担当】

 発達障害のある子は、障害特性と一人ひとりの個性によって、「困り感」が違います。集団行動が難しい、友達同士でトラブルになるといった背景には、発達障害が理解されず、適切な支援を受けていないことがよくあります。通級指導教室で、児童が自分の力を発揮できるように支援している講師から、具体的な方法を学びます。

■第4回13:15〜15:15
「スクールソーシャルワーカー(SSW)とは?」
講師:川島隆太さん
【千葉県スクールソーシャルワーカー】

 子どもが直面する悩みや問題を、学校・家庭・地域・関係機関等と協力して解決へとつなげるSSW。発達障害やその傾向がある子の相談も多く寄せられるそうです。千葉県内でSSWとして活動している講師から、SSWの役割を話していただきます。また、千葉県で取り組んでいる不登校対策支援について紹介していただきます。

定 員  各100名(先着順)
対 象  教員、保護者、福祉・教育・医療関係者、学生、一般の方
参加費  各1,000円(資料代)
※第3、4回両方ご参加の場合は2,000円です。
内 容  講義と質疑応答
主 催  NPO法人ちばMDエコネット
千葉県教育委員会、千葉県

申し込み【締め切り:2020年1月25日(土)】
参加ご希望の方は、第3回研修、第4回研修の両方あるいはどちらか一つを選び、氏名、住所、電話番号を明記し、下記申し込み先へメール(件名に「学校支援事業研修申し込み」と明記)、FAX、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてお断りする場合に限り、お申し込みの翌日までにこちらからご連絡いたします。

<申し込み先>
●ちばMDエコネット事務局
(コミュニティカフェひなたぼっこ 内) 
※日・月 定休
電話・FAX:047-426-8825(電話受付時間:10時〜18時)
Eメール:sun@mdeconet.jp