お知らせ
 | RSS |
11月18日(日)フォーラム(発達障害の当事者講演会)開催!
カテゴリー:ノーマライゼーション学校支援事業  2018/10/31


第12回 ノーマライゼーション学校支援事業フォーラム
 「発達障害の特性をふまえた支援のあり方を考える」

講演:「誰もが個性を最大限発揮できる世の中へ」

発達障害をもつ大学生が、団体「BeU」(ビーユー)をつくり、活動を始めました。
学校生活や就職活動で悩んだり自分自身について考えたこと、嬉しかった周りからの手助けや社会に望むことなど、当事者の声を聞いてみませんか?

「BeU」とは?
2017年4月に発足。「誰もが個性を最大限発揮できる世の中へ」をビジョンとして、発達障害の傾向がある大学生のコミュニティ作りや、さまざまな機会提供、発達障害の啓発・講演を主な活動としている。これまでに23回開催した「大学生発達障害当事者会」には、延べ200人ほどの学生が参加した。現在は、仕事について考えるきっかけの提供を目的とした座談会やプログラムの作成等をおこなっている。
活動の様子は、各種メディアに注目され、2018年2月に「愛媛新聞」、「岩手日日新聞」に掲載されたほか、4月以降、 NHK「おはよう日本」や NHK Eテレ「ハートネットTV」で放映されている。


日時:2018年11月18日(日)13:30〜16:15
場所:千葉県教育会館 303会議室

<第吃堯
13:30〜14:10 ノーマライゼーション学校支援事業報告
2007年から始めた千葉県との協働事業の内容を紹介します。また、これまでに受けてきた相談の中から、いくつかの事例を報告します。
<第局堯
14:10〜16:15    BeU講演
BeU代表で、今年から会社員として働く名田憲史さん、大学生の林利遥さん、大学院生の北岡かおりさんの3人からお話をうかがいます。

定員:100名  参加費:1,000円  ※手話通訳あり
★保育は定員8名(先着順)、費用は500円です。

主催:NPO法人ちばMDエコネット・千葉県教育委員会・千葉県
※この事業は、平成30年度千葉県人権啓発事業です。

<申し込み>
保育:11月2日(金)締切/ 講演:11月10日(土)締切

参加ご希望の方は、氏名(ふりがな)、所属、手話通訳・保育の有無、住所、電話番号を、FAX、メール、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてお断りする場合に限り、申込3日後までに事務局からご連絡します。

●ちばMDエコネット事務局 (コミュニティカフェひなたぼっこ 内) 日・月 定休
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp