お知らせ
 | RSS |
カテゴリー:ノーマライゼーション学校支援事業  2012/05/18


2012年度 ノーマライゼーション学校支援事業
(千葉県とNPOとの協働事業)

    第1回・第2回研修

日時:2012年6月16日(土)
第1回[13:00〜15:00]
第2回[15:15〜17:15]
場所:千葉工業大学(津田沼キャンパス)4号館 431教室 

     第1回 13:00〜15:00
    「発達障害のある子の支援〜多様性を理解して〜」

講師:田熊(たくま)立さん
【千葉県発達障害者支援センター 副センター長】
 
発達障害のある子が抱えている困難さは、一人一人違っています。周りの人には、ワガママに見えたりすることもあります。学習に遅れがなくても生活の困難を抱えていることも少なくありません。発達障害のある子の相談を受け、現場で支援を続けていらっしゃる講師のお話を聞き、理解を深め、日々の支援に活かしましょう。

     第2回 15:15〜17:15
    「障害のある子の高校進学と高校生活」

講師候補:谷古宇(やこう)泰照さん
【千葉県立松戸南高等学校 教諭】

県立高校でも、発達障害のあるさまざまな生徒が学んでいます。松戸南高校では、支援のための校内体制を作って取り組んでいます。現場の先生のさまざまな実践を聞き、進路を考えるときの参考にしましょう。また千葉県には、障害のある生徒の受験の際、配慮する制度もあります。教育庁指導課担当者に説明していただきます。

定 員  各100名
参加費  各1000円(資料代)
※第1、2回両方ご参加の場合は2,000円です。

内 容  講師の方の講義と質疑応答
主 催  NPO法人ちばMDエコネット、千葉県教育委員会、千葉県

申し込み【締め切り:6月11日(月)】
参加ご希望の方は、第1回研修、第2回研修の両方あるいは一つを選び、氏名、住所、電話番号を明記し、下記申し込み先へFAX(裏面の申し込み用紙に記入)、メール(件名に「学校支援事業研修申し込み」と明記して下さい)、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。

●ちばMDエコネット事務局(コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉内)
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

     会場アクセス

千葉工業大学(津田沼校舎)4号館 431教室

正門から入り、新2号館と5号館の間を通って、右折。
まっすぐ進んだ左手に4号館があります。
通用門から入った場合には、直進した左手にあります。

JR総武線/津田沼駅  駅前《南口》
京成線/京成津田沼駅下車  徒歩10分
新京成線/新津田沼駅下車  徒歩3分

カテゴリー:ノーマライゼーション学校支援事業  2012/01/17

 

 2011年度 ノーマライゼーション学校支援事業
(千葉県とNPOとの協働事業)

 

  第5回・第6回研修
日時:2012年1月29日(日)
第5回[13:00〜15:00] 
第6回[15:15〜17:15]
場所:船橋市葛飾公民館 第2・第3集会室
    JR西船橋駅北口から徒歩約10分、京成本線京成西船駅から徒歩約7分

 

  第5回 13:00〜15:00

    「発達障害のある子と集団づくり〜通常学級を中心に〜」
      講師:今関和子さん(千葉大学非常勤講師)
 発達障害のある子は、集団生活の中で戸惑うことが少なくありません。子ども同士が関わり、共に育ちあう集団をつくるには、周りの大人がどう支援・指導すれば良いのでしょうか。講師の豊富な実践事例より学んで行きましょう。

 

  第6回 15:15〜17:15

    「発達障害のある子の安心できる学校づくり
     
〜小中高をつないで〜」
     講師:佐藤慎二さん(植草学園短期大学教授)
 発達障害のある子にとって、新しい環境になじむのは大変なことです。特に、進級・進学は周りが思っている以上に大きな変化です。送る側、迎える側がどう引き継ぎ連携すれば良いのでしょうか。講師のお話をうかがい、実践に活かしましょう。

 

定 員  各75名 (先着順)
参加費  各1000円(資料代)
※第5、6回両方ご参加の場合は2,000円です。
内 容  講師の方の講義と質疑応答
主 催  NPO法人ちばMDエコネット
共 催  千葉県教育委員会、千葉県

 

申し込み【締め切り:2012年1月24日(火)】
参加ご希望の方は、第5回研修、第6回研修の両方あるいは一つを選び、氏名、住所、電話番号を明記し、下記申し込み先へFAX(裏面の申し込み用紙に記入)、メール(件名に「学校支援事業研修申し込み」と明記して下さい)、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。
●ちばMDエコネット事務局(コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉内)
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

 


カテゴリー:ノーマライゼーション学校支援事業  2011/09/28


2011年度 ノーマライゼーション学校支援事業
(千葉県とNPOとの協働事業)


  第3回・第4回研修


 日時:2011年10月30日(日)
  第3回[13:00〜15:00]              
  第4回[15:15〜17:15]

 場所:千葉大学 総合校舎A号館 201教室 【西千葉キャンパス】


第3回 13:00〜15:00
「激しく見える行動の背景には〜発達障害の理解〜」
        講師:金坂京子さん
        (千葉県教育庁東上総教育事務所 指導主事)

 発達障害のある子が激しい反応や行動を示すとき、その背後に何があるのでしょうか。何らかの原因で抱いた強い不安や怒りを、コントロールできないことが少なくありません。どのように対処すればよいか、豊富な実践に基づく講師のお話から、理解の糸口を見つけましょう。


第4回 15:15〜17:15
「社会性を育てるには〜通級指導教室の実践から〜」
        講師:大山恭子さん
        (船橋市立三咲小学校通級指導教室 教諭)

 発達障害のある子の多くは、周囲との関わりやコミュニケーションが苦手です。通級指導教室では、遊びやゲームを取り入れたSST(ソーシャルスキルトレーニング)で、社会性を育てる指導を行っています。講師の日々の実践から、支援のヒントを学びましょう。


定 員  各100名
参加費  各1000円(資料代)
       ※第3、4回両方ご参加の場合は2,000円です。
内 容  講師の方の講義と質疑応答
主 催  NPO法人ちばMDエコネット
共 催  千葉県教育委員会、千葉県


申し込み【締め切り:10月25日(火)】
参加ご希望の方は、第3回研修、第4回研修の両方あるいは一つを選び、氏名、住所、電話番号を明記し、下記申し込み先へFAX(裏面の申し込み用紙に記入)、メール(件名に「学校支援事業研修申し込み」と明記して下さい)、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。
●ちばMDエコネット事務局(コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉内)
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

千葉大学総合校舎A号館
  【西千葉キャンパス】へのアクセス

  (総合校舎A号館は、「普遍教育センター」等が入っている建物で、会場は2階です。)

 JR西千葉駅下車
  南門から入り、左折。国際教育センターを左手に見ながら直進。
  文学部の3棟を通り過ぎ、左手前方の建物です。
 京成みどり台駅下車
  正門から入り、けやき会館を左手に見ながら直進。
  文学部の3棟を通り過ぎ、右手前方の建物です。


カテゴリー:ノーマライゼーション学校支援事業  2011/08/22



ノーマライゼーション学校支援事業
(千葉県とNPOとの協働事業)

フォーラム

「障害のある子の充実した学校生活のために
〜通常学級での支援を中心に〜」


教室には、さまざまな場面で困難さに直面し、そのことを上手く伝えられずに困っている子が少なくありません。講師の豊富な事例をもとに、一人一人の課題に向き合い、教室ですぐに使える支援のヒントを学び、実践に活かしていきましょう。


日時:2011年9月3日(土) 13:00〜16:00
場所:千葉市ビジネス支援センター 会議室 (きぼーる13階)
     JR千葉駅より徒歩15分/京成千葉中央駅より徒歩5分   
     ※裏面の地図をご覧下さい
講師:安住ゆう子
    (NPOフトゥーロ LD発達相談センターかながわ 心理士・所長)
定員:100名
参加費:1,000円
内容:.痢璽泪薀ぅ次璽轡腑鶻惺算抉膸業報告 
    安住ゆう子さんご講演
★保育は定員5名(先着順)、
費用は500円(お菓子代込み)です。
★手話通訳が必要な方は事前にご連絡下さい。
※保育・手話通訳の申込締切:8月26日(金)


主催:千葉県教育委員会、千葉県、NPO法人ちばMDエコネット
協力:NPO法人VAIC・コミュニティケア研究所


申し込み【締め切り:8月29日(月)】
参加ご希望の方は、氏名、所属、住所・電話番号(自宅/所属)を明記し、下記申し込み先へメール(件名に「学校支援事業研修申し込み」と明記して下さい)、FAX電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。

●ちばMDエコネット事務局 (コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉内)
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp


カテゴリー:ノーマライゼーション学校支援事業  2011/07/02

学校支援事業第1、2回研修チラシ
2011年度 ノーマライゼーション学校支援事業
(千葉県とNPOとの協働事業)


  第1回・第2回 研修


日時:2011年7月9日(土)
第1回[10:00〜12:00]              

第2回[12:45〜14:45]
場所:千葉市ビジネス支援センター 1〜3会議室 (きぼーる13階)


第1回  
10:00〜12:00 

「発達障害のある子の支援〜思春期を含めた学校生活を中心に〜」
  講師:熊谷恵子さん(筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授)


 発達障害のある子は、“困った子”と周囲から思われがちですが、実は本人が一番困っているはずです。現場で支援を続けていらっしゃる講師のお話をお聞きし、発達障害について理解を深め、彼らの気持ちを受け止めながら支援をする方法を学びましょう。


第2回  
12:45〜14:45 

「障害のある生徒の高校進学〜普通高校の現場から〜」
  講師:吉永馨(千葉県立船橋法典高等学校 教諭)


 障害のある子が義務教育を終えた後、どのような進路があるのでしょうか。普通高校の全日制・定時制にも様々な障害を抱える生徒が入学している今、発達障害のある生徒を中心に、学校生活を支援する取り組みが始まっています。講師から現場の実践や事例をお聞きし、進路を考える参考にしましょう。公立高校を受検する時の障害への配慮を申請できる制度についても、担当課からお話していただきます。


定 員  各100名
参加費  各1000円(資料代) ※第1、2回両方ご参加の場合は2,000円です。
       第1、2回と続けて参加される場合、休憩時間に会場内で飲食は可能です。昼食をご持参いただいても良いですし、近隣にお店もございます。(ただし、ゴミは必ずお持ち帰り下さい。)
内 容  講師の方の講義と質疑応答
主 催  NPO法人ちばMDエコネット
共 催  千葉県教育委員会、千葉県


申し込み【締め切り:7月4日(月)】
参加ご希望の方は、第1回研修、第2回研修の両方あるいは一つを選び、氏名、住所、電話番号を明記し、下記申し込み先へFAX(申し込み用紙に記入)、メール(件名に「学校支援事業研修申し込み」と明記して下さい)、電話のいずれかでご連絡ください。定員を超えてしまい、お断りする場合に限り、お申し込みいただいてから翌日までにこちらからご連絡いたします。
●コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉
電話・FAX:047-426-8825  Eメール:sun@mdeconet.jp

 


« 1 2 (3)