ちばMDエコネットとは

理事長あいさつ

 はじめまして。
ちばMDエコネット理事長の山田晴子(やまだ はるこ)です。
25年ほど前、障がいのある子もない子も地域の学校で共に学びたいという願いで仲間をつくり、活動をはじめました。卒業後の道をつくりたいと考えて、1999年にNPO法人を設立し、理事長をつとめています。
2011年4月から、新たに福祉作業所「ひなたぼっこ」を開設し、施設長を兼務しています。コミュニティカフェ〈ひなたぼっこ〉が、作業所の主な活動の場になります。これまでは、一緒に長く活動してきた方々ばかりでした。これからは、障害のある方々の多彩な個性との新しいお付き合いも始まります。